お役立ちコラム

手形アートデザイナーが 手形の取り方 やり方のコツを解説します。

目次

赤ちゃんの手形の取り方

こんにちは!チルアート です。
こちらでは手形アートを制作する上で最大の難関とも言える、赤ちゃんの手形を取るコツを解説していきます。
とくに1歳未満の赤ちゃんのおててはぎゅっと握りしめられていることが多く上手く手形を取るのは難しいですよね。
受注会イベントなどで沢山の赤ちゃんの手形を取ってきた経験から分かってきた上手く取るコツを書いてみたいと思います。
是非ご家庭でもお役立てください。

準備するもの

  • 手形を押す紙
  • 絵の具またはスタンプ
  • 筆 または お化粧用スポンジ
  • ふきん
  • 台紙用絵本
  • クリップ

・手形を押す紙
ご自宅にあるコピー用紙など、なんでもOK

・絵の具(スタンプ)
絵の具での取り方を解説します。
手形を取る専用のスタンプ台も色々と販売されていますので、そのような商品を使っても簡単に取れそうです。
*写真はシャチハタの手形スタンプパッド 

・筆
絵の具も筆も100均で揃います。

・お化粧用スポンジ
100均にあるもので十分です。絵の具やスタンプを付けて赤ちゃんの手に塗るときに使います。

・ふきん
絵の具を塗った手や足を拭き取ります。

・台紙用の絵本やバインダーなど
赤ちゃんの手元に用紙を持っていって手形と取るので固めの台紙が便利です。

・クリップ
台紙に紙を留めのに使います。



最初に好きな色で絵の具を作ります。硬さが重要です。

筆で伸ばした時ポタポタと落ちると水分が多すぎて、手形を取った時に滲みます。
伸びが悪いと手足に塗る時に何度も塗らなくてはならず赤ちゃんが嫌がりますので
紙にスーと5cmくらい伸びるような硬さになるように調整します。



手形を取るときは大人二人で


準備ができたら一人が赤ちゃんを抱っこして膝に座らせます。(*赤ちゃんの機嫌がいい時に!)
もう一人が手形を取る役です。
手や足にインクを付けたとき赤ちゃんが嫌がって動いてしまうことがあるので汚れてもいいようなお洋服でやりましょう。
また床や家具に絵の具がつくかもしれませんのでご注意ください。



手形を取ります。手に絵の具をつけるときはスポンジでつけます。


さあ、いよいよ手形を取っていきましょう。ここからはスピード勝負です。
にぎったままのおててを少し開いて、トントンとファンデーションを塗るようにスポンジで絵の具を付けます。
絵の具を付けてる最中からすぐに握っていってしまうので、あかちゃん手の指を持って握っていかないように支えます。
すかさず、用意しておいた台紙を滑り込ませ紙に押し当てます。
押し当てたら赤ちゃんの手の甲を包むように紙に押し付け、
手形が綺麗に取れるよう浮いているところを確認しながら紙にぎゅっと押し付けましょう。


足形の取り方は動画で説明します。


足形を取った時の動画があるのでこちらからご覧ください。
手形を取るイメージがつかめると思います。
赤ちゃんの足形の取り方動画
また、手形を取った時の動画もつくりますね!

こちらの動画では、チルアート で販売している「手形足形アートキット」を作っています。
ご自宅で簡単におしゃれな手形あーとが作れるキットです。
手形アートキットはこちらのページからご覧いただけます。
【赤ちゃん用】お花リース 足形11cmくらいまで
【赤ちゃん用】葉っぱリース 足形11cmくらいまで
【キッズ用】お花リース 足形12cmから14cmくらいまで
【キッズ用】葉っぱリース 足形12cmから14cmくらいまで


最後までお読みいただきありがとうございました。いかがでしたでしょうか?
赤ちゃんの成長はとっても早いもので、チルアートにご依頼いただくお客様のなかには毎月手形足形を取っていた
お母さんもいらっしゃします。
生まれてから1歳になるまでの13ヶ月分の足形をパネルにまとめた手形アート作品がこちら↓



成長が一目瞭然ですね!かすれたりブレたりした部分は少し修正を加え
足形の色はお客様のご希望通りグラデーションにこちらで変更しました。
このようにご自宅で手形を取る機会を、定期的なイベントのようにご家族で楽しんでいただけたら嬉しいです。
是非挑戦してみてください。


カテゴリー:子育て
最終更新:

children+art = Chilart 「チルアート」

チルアートでは、子どもの描いた絵に少し手を加えてお部屋に飾れるアートパネルを制作しています。
また、お子さんの誕生や家族の記念日に合わせてオリジナル手形アートも制作しています。ぜひ作品事例もご覧くださいね。